クラブ・メランコリー

小賢しい事を考える頭のオンオフ切り替えができるようになりたいお兄さんのブログ

全記事一覧 << 2017/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/05 >>


プロフィール

ハルジオン

Author:ハルジオン
こないだ22歳になったけどアイコンは「20歳」と表記されたままのお兄さん。

もう永遠の18歳でいいよ。
あ、それだと酒飲めない!

twitter

    follow me on Twitter

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    スポンサーサイト

    --/--/--(--) --:--:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告

    ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日感想(ネタバレ極力なし)

    2013/01/28(月) 19:41:25

    色々と自分の未熟な部分を自覚させられて凹みがちな2013年です。

    新年明けてひと月が経とうとしている折に

    元旦からの四連勤の副産物とも言える三連休を月末の糞忙しい時期にねじ込んだので英気を養いたいですね。

    そんな三連休初日。7:00頃起床(たっぷり10時間睡眠)した後朝食を済ませて向かったのは海老名。

    かねてより(エヴァQ観に行った辺り)予告などで気になっていた映画を観に行ったのです。

    ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

    何かと荒んだ自分の心を癒してくれるハートウォーミングな物語かなと思い、決行。

    海老名のワーナーへ。

    海老名で映画観るようになって三本目ですが、未だにTOHOの方には一回も行ってない。

    どっちが快適なんでしょね。



    ここから感想

    先に言っておくと「面白かったけど、思ってたのと違うなぁ・・・」というのが正直な感想です。

    少年とトラが太平洋のど真ん中で漂流する話なんですが、人と動物の絆物語という側面は薄かった。

    加えて、冒頭は主人公の宗教観や生い立ちについての語りで、なんというかダレる。

    まぁこの宗教観が後々の展開に多少関わって来たりはしますが。

    ですが、一旦漂流し始めると時間を忘れてワクワクしだします。

    トラと一緒に漂流しているという緊迫感がすごい。

    思わず拳を握りしめるほどハラハラ。

    あくまでトラは猛獣なのだという現実感は少し残念に思うほどリアル。

    一方でホッと気を抜いてしまうような笑いどころも散りばめられており、観ていて飽きない。

    荒唐無稽な部分も多々あり「これどうなんだろ・・・」と思い悩んでいた所での結末は

    「なぁんだそうだったんだ」と納得する一方で「・・・そうだったんだ」と肩透かしに似た感情も出て来ました。

    ですが、観た後少し間を置けば「観た人へ投げかける疑問」のような物が見えてきて、なんというか深い。

    若干哲学チックなので、苦手な人はとことん苦手な疑問でしょうけども。(ハルジオンも少々苦手)

    さて。

    映像部分もセールスポイントとして宣伝されていた本作ですが

    個人的には「2Dで十分です」といったところ。

    確かにCG(おそらく)のトラはとんでもなくリアルでしたし

    海が発光する(クラゲかな)シーンはとても幻想的。

    「3Dで魅せる」ことを念頭に置いた演出も随所にありましたが

    ド派手なアクションシーンがあるわけでもなく、どちらかと言えば地味めな題材です。

    目を疲れさせてまで3Dで観る必要は感じなかった。
    (注:あくまで3D映画にこだわりが全くないハルジオンの戯言に過ぎません)

    と言ったところで総括。

    「これ観て癒されよう」と思っていたら、結構手に汗握る熱い話でした。

    ついったにも書きましたが、結構宗教色の強い部分があるので気になる人は気になる。

    主人公のお母さんがエキゾチックな美人で大変良かったと思います。

    と言ったところで感想終わり。お疲れ様です。
    スポンサーサイト
    メラ日記TB:0CM:0
    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://youutu.blog122.fc2.com/tb.php/564-3167cbd0

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Copyright(C) 2006 クラブ・メランコリー All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。