クラブ・メランコリー

小賢しい事を考える頭のオンオフ切り替えができるようになりたいお兄さんのブログ

全記事一覧 << 2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09 >>


プロフィール

ハルジオン

Author:ハルジオン
こないだ22歳になったけどアイコンは「20歳」と表記されたままのお兄さん。

もう永遠の18歳でいいよ。
あ、それだと酒飲めない!

twitter

    follow me on Twitter

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    スポンサーサイト

    --/--/--(--) --:--:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告

    週間少年ジャンプ8号感想

    2010/01/26(火) 01:48:32

    ※AM二時半、感想「ぬらりひょんの孫」追加しました。忘れてたわ。※

    <OPトーク>
    こっちにいるのもあと少しというのもあり、「せっかくだし」ということで、バイトの先輩がやってるバンドのライブに行ってきました。
    REUNIONってバンドです。
    バイトの先輩はベースの人です。いつもダルそうにレジを打ってる人とは別人でした(笑)
    カッチョいいとか思いながら、ベースにしてはすごくアグレッシブに動くなぁなんて思ってた。
    いうほどライブ経験も無いですが、ベースはドッシリと構えてたまにドラムの人と目配せする程度だと思ってた。

    で、今回このライブにいって良かったこと。
    ポラリスカブに出会えたこと。すごく俺好みのバンドでした。
    CD買っちゃったよ。ミニアルバムだけだけど。そのうち出てるCD全部揃えるかもしれん。

    あと珈琲が届いて、宛先が手書きだったりしてすごくホンワカした上に珈琲はスゴク美味しかったって話をしたいけど、いい加減早くジャンプ感想を書かなきゃ。
    あ、珈琲の話全部してるわ。



    「いつだって 書くと思うな ナルトとブリーチの感想」(字余り過ぎ)
    どんなに特筆することがなくても、なんとなく書いてたナルトとブリーチの感想ですが、これから扱いを一つ下げます。
    書こうと思った時しか書きません。

    いつもはワンピースからですが、せっかくの巻頭カラーなんですから!

    <PSYREN>
    ピーピング・ラヴァー。トランス特化の雨宮さんならではの偵察型PSYです。
    何が良いってさ、名前。どんどん技の名前のセンス良くなってる気がする。
    遊坂のPSY能力、名前判明「キャンディ・マン」
    毒ガスを散布するハエを作り出すPSYのようです。ライズは関係ないのかな。バースト特化?
    「暴王の流星」で撃退しようにも、毒ガス自体もPSY能力であるため、ハエまで届かない。
    アゲハ、動かず。新技フラグでしょうね。
    一方、雨宮さんが撃たれる。俺、動揺。
    裏・雨宮さん(以降、裏宮さん)覚醒。
    あー、こうなるのか。予想出来なかった。つーか体は乗っ取れるのか。裏宮さん。
    肌の色が褐色に。まさか遊坂もこれ……? 違うよね?

    <ONE PIECE>
    ガープ対ルフィ。
    これは、覚悟というか未練というか、そういった精神的な要因の差でしたね。
    こうして孫の前には立ったものの、最後の最後で情を捨てきることが出来なかった。
    ルフィに殴り飛ばされるガープ。一番納得できる展開っちゃ展開ですね。ガチでやったらルフィに勝ち目ないですし。
    ついにエースの元へ。鍵を取り出すが、センゴクが巨大化。これは大仏? なるほど。仏のセンゴクな。
    ひるんだ隙に、鍵を破壊する黄猿。嫌らしいポジションのキャラですよね。
    海兵に変装して、処刑台にいたMr,3。ちょっとご都合主義すぎだけど、この展開を打破出来るのは彼だけですね。
    各キャラにまんべんなく見せ場を作っており、やっぱりうまいなぁと。
    「私がここにいる理由が…亡き同胞への弔いの為だとしたら 貴様私を笑うカネ!!!!」
    カッケェなおい。
    ギリギリで解錠。エース、ついに復活! 興奮してきた!

    <銀魂>
    シリアスよりのコメディかと思ったら、完全にギャグだったでござる。
    スパーキング!のくだりが好きです。
    「山崎冬のパン祭り」とか。

    <トリコ>
    マッチと滝丸で一週ずつかと思ったんですが、違いましたね。そりゃ、敵の詳細もしりたいですよね。
    ボギーウッズは、ものすごく特殊な骨格をしていました。
    間接が多い骨と言ったら、アレですね。バキ。ピクル対愚地克巳。当てない打撃ですよ。
    あれは思い込みですけどね。
    体を鎖鎌にするってのは面白いなと思いました。
    愛丸さん登場。線の細い、中性的なキャラだと思ったら、ちょっとちがった。でも好きな造形です。
    とっておきのプリショットルーティンから入る「スクリュードライバー」。
    アオリ文がうまかった。「S(スープ)の祝杯へ! 栓抜き完了!!」って。久々に上手いなと感心した。

    <べるぜバブ>
    怪獣大決戦www
    男鹿の開き直った感じの「やれっっ!!」が面白かった。

    <SKET DANCE>
    山辺先生の話はハズレがないです。
    ついに前後編か……。
    ジェネシスW杯。まぁ、タイムリーなネタですわね。

    <めだかボックス>
    あー、サバットか。聞いたことだけはあった。
    「怯えているからこそ、正確な対応が出来る」なるほどなーと、関心。
    最近は維新カラー全開な展開なので、ファンとして嬉しい。
    銃殺も意に介さず。爆殺もいなし。必殺すらも突破する。
    しかし最後に残っていた「暗殺」。
    やっぱり言葉の搾り出しが上手いです。
    鋭い人は「必殺」の辺りで気づいてたりするんですかね。

    <賢い犬リリエンタール>
    ごむぞぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉお!

    <保健室の死神>
    みのり先生カワエエ……。足のテーピングのシーンだけ、漫画を間違えたのかと錯覚したよ。
    最近、露骨にストーリー展開の方向性が変わってますね。テコ入れ入ったかな……。
    詮無いことですね。



    ライブは最前列の上にスピーカーのすぐそばにいたので、左耳がなんか変な感じ。麻痺しちゃってます。

    ※追記※
    <ぬらりひょんの孫>
    コレを忘れてどうするという話。史上稀に見る神回だったのに。
    淡島マジ可愛ぇぇぇ……。
    ようやくなんですが、妖怪同士の戦いってのは「脅かしあい」なんだなと実感。本当に遅い。
    「ビビったら負け」的な。端的に表すとこんな感じだったんですね。
    重軽石の重さに驚いた瞬間、そこは「二十七面千手百足」の畏に取り込まれると。
    つか、そんな妖怪がいたのね。
    で、最後のページの淡島ですがね。
    なんだこれ超可愛い。
    マジ可愛い。
    メインヒロインじゃね?
    天使じゃね?

    修行編の時に「淡島の畏はエゲツない」みたいなことを言ってた気がするので、楽しみです。
    超可愛いのお願いします。
    はー、淡島タン。超可愛いお。
    スポンサーサイト
    ジャンプ感想TB:0CM:2
    コメント

    お久しぶりな。
    とりあえずブリーチの感想が楽しみだったオレ涙目ww

    つかこの前久々にジャンプ立ち読みしててブリーチ探してペラペラめくってたらデッカイ虫が死んだシーンから始まってビビった。
    ko-sk #-|2010/01/26(火) 23:33 [ 編集 ]

    >>ko-skさん
    あ、これはこれは。オヒサシブリデス。
    まぁ、何か面白いことあったら書くから。
    つーか、今週は書く気がなさすぎてスルーしましたけど、よく読むと面白い。
    日番谷がまたトンチンカンなこと言ってるwww

    東仙はあそこでは死んでないよ!もちっとあとだよ!
    ハルジオン #WCSj23LI|2010/01/28(木) 01:27 [ 編集 ]
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://youutu.blog122.fc2.com/tb.php/435-ac7b264e

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Copyright(C) 2006 クラブ・メランコリー All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。