クラブ・メランコリー

小賢しい事を考える頭のオンオフ切り替えができるようになりたいお兄さんのブログ

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>


プロフィール

ハルジオン

Author:ハルジオン
こないだ22歳になったけどアイコンは「20歳」と表記されたままのお兄さん。

もう永遠の18歳でいいよ。
あ、それだと酒飲めない!

twitter

    follow me on Twitter

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    スポンサーサイト

    --/--/--(--) --:--:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告

    週刊少年ジャンプ40号感想(39号込)

    2009/09/01(火) 01:43:11

    <今日のひとこと>
    絵がないです。

    蘭丸の髪型をもっとうまく描けるようになりたいとか考えてたらドツボin。

    コピー用紙に描かれたいろんな蘭丸を見ていた。
    人それぞれ好みはあるけど どれもみんな可愛いね。
    それなのに描いた僕は どうしてこうも載せたがらない
    一人一人ちがうのに その中で 一番になりたがる
    (「世界に一つだけの花」のメロディで)

    ところで、俺今日一食だけです。食ったの。正直、食欲もわかない。今は空腹ですが。

    ついでに、せっかくドトール行ったのに絵を描く気にもならなかったという。

    暗い未来を想像するとなんもやる気が起きないのですよー。

    <引用開始>まあ、正直どっちが与党になっても変わらん気はするんですがね。
    でも選挙に関するページをみて
    そこかしこにオワタ\(^o^)/オワタ\(^o^)/と書かれているのを見ていれば気が滅入りますよ。

    受験中に浪人生の愚痴を聞くようなもんです。<引用終了>

    なんて、雪中さんのブログに書いてあって、確かにそうだと思うと少しは楽になりました。

    なるようにしかならないですね。

    さぁでは、ジャンプ感想まいりましょう。



    <ONE PIECE>
    39号:赤犬の能力判明。マグマ人間ですね。マグマグの実なのか、「大噴火」って技名からボルケーノって意味でボルボルの実なのか。
    ところで、元になったキャラは菅原文太説が濃厚らしいですね。刺青とかが「仁義なき戦い」的な。
    40号:リトル・オーズJrのお話。
    先週号でもちらっと出ていた「エースぐんは優じいんだ」その辺りのエピソードも語られており、白ひげ海賊団に入って角も取れたエースの優しさを感じる場面です。
    あと、オーズの純粋さがのちの惨劇の惨さを引き立ててます。
    ドフラミンゴは、糸を操る説が濃厚なのですが、バキのドリアンみたいにピアノ線のような使い方もできるんでしょうかね?
    しかし、オーズは死ぬんでしょうかね。過去編以外で名前付きのキャラが死ぬのってこれが初めてのような気がする。
    でも、ちゃんとキャラの掘り下げやってるしなんだかんだで生きてそうな気はします。
    ところで、ハンコック様麗しかったです。

    <NARUTO>
    すっかり下衆野郎になり下がったサスケが攻めてきて、雷影が迎撃するというお話です。ハイ。
    我愛羅がかっこいい。
    あ、これで二週分です。

    <BLEACH>
    砕蜂隊長が三日に一回しか使えない卍解を一日に二回使って、「やったか……?」的な演出でバラガンを生存させて、結局ハッチが頑張ってたおしちゃったお話。
    まさかおじいちゃんの過去編をやるなんて。
    これ、スタークとハリベルのもやりそうですね。
    すこしだけですが、上記二人の謀反フラグがたってそうな気はします。
    ハリベルは生きてほしいな。俺の大好きな褐色下乳だから。
    これで二週分

    <銀魂>
    39号:ラジオ体操、中学校に上がったとたん行かなくなったな……。今行っても不審者扱いされそうですが。
    基本的にギャグの中、最後にしんみりと終わらせるってのはやっぱり素敵です。
    40号:発売日がちょうど夏休み終わりっていうのもあるからか、宿題ネタ。
    マダオの話ですね。絵日記形式で語られているのが面白かったです。
    なんだかんだでマダオって、武士道精神を持ったいい男なんですよね。報われないだけで。
    みたいな感想書こうと思ってたら、まさかの「作:お母さん」。
    これはマダオをモデルにした完全創作なのでしょうか?

    <いぬまるだしっ>
    園児募集のページのQ&A
    「絵が苦手ですが大丈夫ですか?
    「大丈夫!大石先生も苦手だから!」に吹いた。
    やりこんでいるだけあって、モンハンネタが光ってました。
    ゲームの際に冷えピタ貼るのって、アレはGCCXが元祖なんですか?

    <バクマン>
    結局は根性でもぎ取った早期連載再開。
    しかしながら、なかなか戦況は厳しいようで。
    TRAPのヒットを受けて、他紙で一本。同誌で一本の推理物スタート。
    そんな「怪盗チーター」ですが、突き抜けるようです。なんだったんだ?
    なんだかんだで終わらなさそうですがね。
    ハイドアはどうなんでしょう。中井さんのセリフはフラグっぽいですね。
    高浜さんの漫画は普通に面白そうです。
    新妻先生がかっこよすぎる。

    <To LOVEる>
    ホントに終わったぁぁぁぁぁぁぁ!?
    諸説もろもろですが、俺は家庭の事情説を支持します。
    普通ありえないですからね。ここまでメディアミックスしてる、いわば一番脂が乗ってるときに終わるなんて。
    全部終わらせて、To LOVEるZ(ゼット)を待ってます。
    いや、別に好きとかそういうのじゃないんだからね!

    <わじま>
    落語の話:どのギャグセンスで落語の話書いたん?つまんねぇ。
    サインの話:手を変え品を変えて話を作りますが、つまんないものはつまんないですね。
    つか、せっかく最初にジョニーとかクイズの人みたいなキャラを作ったんだから、そっちメインでやればいいのに。
    どっちにしろつまんないですが。
    いつか言うべきだったんですが、俺はわじまが大嫌いです。
    だけど、こき下ろすためにはちゃんと読まなきゃいけないので読んでます。
    マジで一回も噴き出したことはないです。

    <金未来杯>
    ・世直し伝説!! 世奈押郎
    普通に面白かったと思います。
    紹介ページの、いろんな押郎で根田先生のポテンシャルの高さがうかがえました。女の子の押郎が普通に可愛かった件。
    北斗の拳テイストの世界観ですね。ボーボボとも取れますかね。
    ツッコミどころ満載の設定、展開の中でどこまでもシリアスに話が進むという手法。
    同じ「ツッコミ不在」のギャグ漫画でも、わじまとは大違い(ツッコミがある時もありますが)
    随所にちりばめられたうんちくが好きです。
    なんでこれが読みきりでわじまが連載なんだろう……?

    ・メタリカ・メタルカ
    一番期待してなかったんですが、なかなかどうして面白かった。
    金属加工系の設定って、科学的な基盤がしっかりしているとすごく面白くなります。
    そこにオリジナル鉱石が絡むとさらに面白い。
    一枚絵で損するタイプかなと。アクションがなかなか迫力あったとおもいます。
    あと、ドラゴンがすっげぇカッコ良かったです。
    ただ、主人公がアホっぽすぎるかなと。二十歳のお兄さんとしては、せめて高校生くらいの年齢の方が好感が持てました。ぬーべーくらいの年齢だとなおよし。
    まぁ、ジャンプだからしかたないですね。



    少ないですね……。まいっか。

    追記:政権に関するネガティブな意見のすべてが、ν速のものだと気づいて、気が楽になりました。
    スポンサーサイト
    ジャンプ感想TB:0CM:2
    コメント

    戦後日本で始めての展開なんですから、どうなるかは誰もわからんでしょう……。
    個人的には、彼らにあまり期待はしてないですが、それでもこれまでの状況がありながら体制維持ってよりは、健全な結果なんじゃないかと。
    あとは初心者が道を踏み外さないよう祈るしかないんだぜw

    はぁ……学校行ってないと、サークルでジャンプのただ読み出来ないから、困るorz
    molmol #vnrHYOb6|2009/09/01(火) 08:03 [ 編集 ]

    一番不安な理由って、やっぱりそこだとは思います。

    あああ、発言が早くもぶれてきたぞこのポッポ。
    ハルジオン #WCSj23LI|2009/09/03(木) 12:00 [ 編集 ]
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://youutu.blog122.fc2.com/tb.php/375-cea7a858

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Copyright(C) 2006 クラブ・メランコリー All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。