クラブ・メランコリー

小賢しい事を考える頭のオンオフ切り替えができるようになりたいお兄さんのブログ

全記事一覧 << 2017/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/08 >>


プロフィール

ハルジオン

Author:ハルジオン
こないだ22歳になったけどアイコンは「20歳」と表記されたままのお兄さん。

もう永遠の18歳でいいよ。
あ、それだと酒飲めない!

twitter

    follow me on Twitter

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    スポンサーサイト

    --/--/--(--) --:--:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告

    週刊少年ジャンプ34号感想

    2009/07/19(日) 14:27:17

    <OPトーク>
    絵はないんじゃ。すまんのぉ。

    メディアのハリポタ一色っぷりに、久々にハリポタ熱が再発。
    友人に最終巻を借りて、ようやく「ハリー・ポッター」という物語を読み終えることができました。
    しかし、読後思ったんですが……。
    最終巻は児童文学ってくくりでいいのか……? 人死にすぎなんだけど。いろいろエグいし。
    でも、すごく面白かった! やっぱり本で読まなきゃな!
    ホントは原本読むべきなんですけれども。僕英語わからない。



    <ONE PIECE>
    まぁ、今までが激動すぎただけなんですけど。
    二週間ぶりにしてはちょいと物足りなかったなぁ。
    場面は一転して、白ひげの襲撃に備えるマリンフォード。
    久方ぶりのハンコック様は相も変わらずお美しかった。
    ページをめくると次は本部大将三人。赤犬は初登場ですよね。なんだあれはやっぱガセか。モデル・ビートたけし説。これだけじゃ、モデルになった俳優がわからないなぁ。
    今明かされる、エース出生の秘密!
    あー……ちょっと家族構成がこんがらがってきた。

    <バクマン>
    サイコーが亜豆のことを好きになるよりも早く、サイコーのことが好きだった亜豆。
    でも、今のサイコーにとっちゃ、亜豆との約束よりも大切になっていた漫画。
    プロとして漫画を描いているサイコーにとっては、すでに約束を叶えるもの以上の存在だったんですね。漫画が。
    そして、それを理解した亜豆。結局誰にも止められないと。
    さて、彼らはそれでいいのかもしれないですが、編集部はどうなのでしょうか。

    <BLEACH>
    虚化した「仮面の軍勢」無双。
    あと、平子が藍染に切りかかりました。
    まじそれだけ。
    ところで、白は仮面ライダーなのね。超かっこいい。
    目次コメントによると、空知先生と飲みに行ったようで。
    下の話に終始したそう。超楽しそう。

    <PSYREN>
    雨宮の触手プレイに少々興奮。
    トランスによるマインドジャックがあるので、雨宮が致命傷を負っても「どうせマインドジャックなんでしょ」ってなっちゃうのはマイナスかなと思います。
    まぁ、だから同じ見開きで目が覚める場面まで描いてるんだな。

    <めだかボックス>
    特待生制度の説明。13組が何なのか描かれていないですね。何なのでしょう。
    第二回戦水中二人三脚。照れてる陸上部の二人が可愛い。マジ可愛い。超可愛い。
    競泳部の二人は、まぁ一緒に泳ぐくらいのことはするだろうと思っていましたが、きちんと制約を設けているのが面白い。
    オールラウンダーの屋久島先輩が、男子水泳界、事実上最速の種子島先輩と合わせられるのは25メートルが限界だとか、まさにそう。
    ところで、喜界島のウナギつかみどりは狙ってるよね! なんかぼっしぃ先生の漫画思い出した!
    ウナギが服の中に入ってる! 触手プレイですか! 触手プレイなのですか!
    ちょいと忘れかけてためだかちゃんの設定「動物避け」のスキルと、「上から目線性善説」
    設定の持ってきかたとかも、やっぱり維新だなぁ。
    そして水面下では、考えうる限り最悪の事態が進行中。どうなる!

    <わっしょい!わじマニア>
    びっくりしたんですけど。
    全然面白くなかったんですけど。
    いやさ、代わりにフープメンが終わったからとかじゃなくて。
    ギャグだから絵は上手くなくてもいいってのはわかってますけど、それでも限度はあるでしょうし。
    漫才、コントの雰囲気をだすなら、もっと演出面に力を入れるべきだと思います。こういうのが上手いのが「SKET DANCE」とかですよね。
    確かに、こういう絵でも内容次第ではハマってきますけど……。
    どうしてジャンプはたまにこんなクソみたいな漫画連載させちゃうんだろ。
    まだ赤丸すら早いと思うんだけどな。
    こんな漫画の所為で、いつもより十円多く払ってジャンプ買いたくねぇよ。



    話が動いた作品が少なくて、感想書いた作品が少ない。
    まぁ、一つ一つは多めに描いてるつもりなので許してつかあさい。
    スポンサーサイト
    ジャンプ感想TB:0CM:0
    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://youutu.blog122.fc2.com/tb.php/352-054159cc

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Copyright(C) 2006 クラブ・メランコリー All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。