クラブ・メランコリー

小賢しい事を考える頭のオンオフ切り替えができるようになりたいお兄さんのブログ

全記事一覧 << 2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09 >>


プロフィール

ハルジオン

Author:ハルジオン
こないだ22歳になったけどアイコンは「20歳」と表記されたままのお兄さん。

もう永遠の18歳でいいよ。
あ、それだと酒飲めない!

twitter

    follow me on Twitter

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    スポンサーサイト

    --/--/--(--) --:--:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告

    ちょっと自分語り

    2008/12/23(火) 01:43:49

    ジャンプ感想は明日書きます。

    M-1総評はその次の日にでも書けると素敵ですね。



    来年から自分を取り巻く環境が少々変化しそうなので、一旦ここで自分について見つめなおそうとかそんな気分なのです。

    ちょいとセンチメンタルなんだぜ。



    このハンドルネーム。

    ハルジオンってね。

    なんかすっかり、自分の名前として定着しちゃった感じがします。

    思えばこの名前、赤松センセのALNに書き込みをするための名前でしたね。

    今のネットにおける交友関係とかもここが始まり。

    まぁ、表立って未だに交流があるのがmolmolさんだけってのがちょいと寂しかったりしますけど。

    まぁ、みんな各々の頑張る場所で頑張ってるんでしょうね。

    つか、あの頃のチャットメンバーでマメにブログ更新してるのって、俺とmolmolさんとko-skさんくらいですか?

    マメにの定義を「一週間以上放置しない」くらいにするとこのくらいなんでしょうか?

    いや、それだとko-skさんが当てはまらん。

    コメント率が非常に低いですけどちゃんと見てますよー。

    まぁ、ここは余談なんでそんなに掘り下げないですけれども。

    最初にこの名前を使ったのが携帯を買ってすぐだったと思うので、中三ですね。

    中三の十二月ごろです。ようやく携帯を買ってもらったんですよ。

    ってことは、ハルジオンくんは五歳ですね。あ、そんなもんなんだ。

    小説とか絵を本格的にやりだしたのもこのくらいですね。ぜんぜん進歩しないけど。

    あ、肩の位置がなんとなくわかってきた! とりあえずアタリを描いてから描くってのをしばらく続けてみようと思う!

    ……ハルジオンという男はですね。

    女装願望があって、それをチャットでハル姉というキャラで爆発させたことがあったり。

    中途半端に仕切りやさんだから、半端なところで投げ出しちゃって、それがいつの間にか完成していたりして自分について来てくれる人がいないからとか卑屈になっちゃったり。

    ネットならとか思って、カリスマ欲したけどそんなものどこにもなくて。(自分の存在にそんなものがないのだから、努力で補うべきだったと思う)

    結局どこにも居場所がないような考えを抱いちゃう人なんです。

    ヘタレで引っ込み思案だから。

    ブログコメント残すのもドキドキ。

    BBSに書き込むのもドキドキ。

    ご意見ご要望はメールでなんて言われたところで、メールフォーム開いただけでお腹一杯。

    だから、菅野さんとコンタクト取った時も心臓飛び出そうだったし。

    食事に誘ったときなんか吐きそうだったし。

    チャットとかやってて、発言にレスついたらそれだけで大喜びだし。

    まぁ、つまり。

    ずっと誰かに気付いてもらうのを待っている臆病者なんですよね。

    しかも「私を見て」じゃないんですよ。「私に気付いてくれたら嬉しいな」なんですよ。

    だって人を振り向かせられるような魅力もなければ技能もないですし。

    能力もない人間が、能力のある人間と対等にいようとするのもおこがましいですし。

    見得とハッタリで今まで来たようなものです。

    昔は認めるのが怖かったんですけど、今ははっきりと言える事があって。

    俺は、どこまでも平凡な人間なんです。

    ハルジオンくんも。彼を演じている画面の向こうの自分自身も。

    何かを生み出せるような人間になりたくて、絵を描いたし。小説も書いた。

    でも、素人の少し上から抜け出せない。

    玄人面して偉そうに色々語る自分がいますけど、語ったことが出来たことなんて一度もない。

    それを実践できるだけの技能をもってないんです。知識としてあるだけなんです。

    昔、前だったかその前だったかのブログで南海キャンディーズ山ちゃんの本を紹介したと思います。

    「天才になりたい」ってタイトルです。その中には、芸人になる前の苦悩と芸人になってからの苦悩が記されてて。

    読んだ当時は「山ちゃんがんばってたんだなぁ」程度だったんですけどね。

    最近は気持ちが痛いくらいにわかる。

    ああ、天才になりたい。

    年をとって。一人暮らしをはじめて。バイトをはじめて。

    すごく充実した毎日を送っています。

    でも、そしたら見えたんですよ。どこまでも高い空が。

    伸ばしても伸ばしてもとても届かない光が。

    ここで環境のせいにしてしまえばすっきりするんでしょうけどね。

    努力しない自分のせいです。

    よく、平凡な人間が努力して成功する話とかあります。

    人は言います。彼は「努力の天才」である。と。

    これは、平凡な人間でも努力すれば届かない高みに手が届くよとか、そんな啓発系なんでしょうけど。

    自分はそれすらも出来ないくらい、どうしようもなく平凡なんです。

    身体能力に至っては、並以下ですしね。足がちょっとだけ速いくらいですか?

    何度も何度も。こんな自分が嫌になりました。

    努力すべき位置に立っているのに、それをしようとしない快楽主義者の自分が大嫌い。

    慎ましく生きていければいいやとか考えている自分が、ちょっとだけ嫌い。

    何かで名前を残したがっている自分を応援したい。

    でも、その名前を残すことを。

    棚から牡丹餅的な考えで待っている自分を殺してやりたい。

    本当に、そろそろ動くべきだと思う。

    まずは地下で。

    力を蓄えるべきなんだ。

    いきなり大空は飛べない。

    いきなり大声は出せない。

    蝉になろう。

    これから地下で成長を続けよう。

    そしていつの日か、表で高らかに鳴こうと思う。

    努力宣言します。

    天才と呼ばれるその日まで。



    自分語りのつもりが、自己啓発になりましたね。

    とりあえずは、もう少しやることを絞って。

    頑張ろうと思います。

    多分、ようやく孵化したんだと思う。
    スポンサーサイト
    戯言TB:0CM:0
    コメント
    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://youutu.blog122.fc2.com/tb.php/225-d491c616

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Copyright(C) 2006 クラブ・メランコリー All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。