クラブ・メランコリー

小賢しい事を考える頭のオンオフ切り替えができるようになりたいお兄さんのブログ

全記事一覧 << 2009/12 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2010/02 >>


プロフィール

ハルジオン

Author:ハルジオン
こないだ22歳になったけどアイコンは「20歳」と表記されたままのお兄さん。

もう永遠の18歳でいいよ。
あ、それだと酒飲めない!

twitter

    follow me on Twitter

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    ホーム

    スポンサーサイト

    --/--/--(--) --:--:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告

    AV講義と呼べるほどのものではないです

    2010/01/31(日) 03:23:40

    まず、そういう話題が苦手な人はブラウザバック。はりーあっぷ。

    ※!!CAUTION!!※
    本記事にはR-18要素が多分に含まれております


    それと、これは業界に通じているとかそういうものではなく、
    あくまでそれなりの量のアダルトビデオを閲覧してきた俺の行き着いた考え的なものです。
    「違うしwww」的な話もあるとは思いますが、そこは大きなおっぱいのような心で許してください。

    あと、いろいろ女優さんの進路について講釈たれてますが、事務所移籍だとかちょっとめんどくさい裏事情は無視してます。
    そういうのをひっくるめて、進む道があるのは知ってます。



    <チャプター1:原石と路傍の石>

    AV女優には、やはりどうしてもランク的なものがまず存在しまして。

    まず、第一線で活躍出来ると思われる新人はピンでデビューします。

    ここはいわば、ジャンプ作家で言うところの本誌で読み切りデビューのようなものです。

    ここで一定の人気を得ることができれば、二作目、三作目とピンでの作品を出し続けてもらえます。

    まぁ、売れなくても、契約の都合とかで三作目くらいまでは出ることが多いですが(売上が判明した頃には二作目の撮影が終わってたり)

    なおも、ピンでの人気が続けば、AV女優というよりはAVアイドル的な扱いになります。

    本数が増えるにつれて少々特殊なこともするようにはなりますが、基本ルートは変わらない感じ。

    ジャンプで言えば無理してバトル展開とかお色気路線に走らなくても安定してる感じ。

    でも、思ったより売れないことだってあるさ。

    そんな女優は、扱いがひとつ下がります。

    いわゆる「複数出演系」のメインを飾ったりします。

    それに出演してる他の女優さんよりカラミのシーンが多かったりと、言ってみればジャンプSQに移籍したような感じ。

    ああ、SQファンの皆様ごめんなさい。

    SQ連載作家一同様ごめんなさい。でも、スケジュールの都合で月刊やってる人以外ならどうせなら週刊に載りたいよね……?

    で、第一線で活躍出来ると思われてない新人さん(以下、第二線)。

    そんな人達は、前述の「複数出演系」のメイン以外で、人知れずデビューします。メインのときだってありますが。

    デビューが出版社のサイトだったり赤マルジャンプみたいな感じ。

    ぶっちゃけた話、ここからピン作品に上がるってたぶん無理です。

    第二線の他のデビュー先は、素人ものだったりナンパものだったり。

    注意深く素人ものを観ていると「あれ? この人アレにも出てた」ってことがあるそうです。

    俺はないです。ピン女優ものが好きなので。あまり外さないから。

    で、人知れず見なくなります。これは第二線に限った話ではなく「複数出演系」に出演していればいずれそうなります。ピンだけに出演していて、引退作品を作るほど人気がない女優さんもですね。

    ジャンプで言うところの、三作くらい半年以内で打ち切られちゃって、契約更新されなかった作家さんみたいな。

    まぁ、精神を病んでやめちゃう人もすごくたくさんいますが。AV業界にしても漫画業界にしても



    <チャプター2:ロマネ・コンティと泥水>

    コンスタントにピン作品を発売し、人気も安定。出せば売れる女優さんは、この世界では頂点と言っても過言ではないでしょう。(以下、第一線)

    最近では、少し前に引退した夏目ナナや蒼井そらなどがその位置に立っているでしょう。

    最近は「セクシータレント」と称して深夜放送ながら地上波に出演することも多々あります。

    しかしながら、事務所の中間搾取が多いそうで、このレベルになっても生活が苦しい人は苦しいそうです。

    それでも、この世界では最高のロマネ・コンティに舌鼓を打っているような存在です。

    では第二線の人たちはどうなのだろうか。

    言ってはなんだが「正直ここまでしてこの業界にいるものではないだろう」というくらいの扱いになっていく。

    ピンで作品を出してはもらえたりします。

    しかし、その内容はすごくハードです。

    SMやスカトロなどの一部マニアック層向けの、負担がすごい作品ですね。

    第一線でもSMくらいはあったりしますが、ハードさが段違いです。

    文字通り、泥水を飲んでしのいでいるような印象です。



    <チャプター3:リバーシブル>

    第一線にも第二線にも該当しない人がいます。

    そんな人達が年をとって。需要が減り始めた場合に進む道ってのが二つあります。

    一つは、今までのアイドル路線からAV女優としてあらゆるジャンルに挑戦する。

    だいたい三年くらい続けていると、こっちの路線に進みだす女優さんって多いと思う。

    ゴックン解禁したり、後ろの穴使ったり、ぶっかけたり。

    あ、中に出すのは割と早い段階で第一線の人もやったりする気がする。

    前述の第二線ほどではないけど、それなりにハードな路線にいったりもします。

    で、二つ目。表に出なくなります。

    早い話が、裏です。

    表ではアイドル路線に無理があるから、裏に行くんです。

    裏なんていうと、程遠い存在のように聞こえますが、カリビアンコムとかそんなのです。

    まぁ、裏でもそのうちハード路線でしか撮ってもらえなくなっちゃうんですけどね。

    アイドル路線ってのは、やっぱ若くてナンボですから。無理が来る時ってのがいずれ来るんです。

    栄枯盛衰ってやつですかね。



    <おまけチャプター:UG>

    この記事の続きを読む…
    スポンサーサイト
    メラ日記TB:0CM:2

    その感覚がなんなのか説明するのは非常に難しい。

    2010/01/29(金) 02:40:41

    えー、今日は、少し…? いや、だいぶ…。ちがう。すごく。うん。すっごくアレな話です。

    「さすがの俺も引くわ」レベルです。

    苦手な方はブラウザバック。はりーあっぷ。



    とりあえず、二次元に限定した話。

    例えば、こう。可愛い女の子のキャラがいるとしますね。

    最近、そのキャラの職業が「AV女優」だと、異様に興奮する。

    なんかこう「あえてその路線か!」的な。

    「処女厨がはびこるこの時代に、そう来るかね!」的な。

    ううん。こんな表現も、うまいことこの気持ちを表しきれてない。

    タイトルにもありますように、この興奮の内訳は上手く出来ないです。

    お気に入りのこのサイトを見ていると、そんな感情が爆発しちゃって、今日のこの日記の内容となっているわけです。

    で、この後は俺のAV講義的なものでもしようかと思ってたんですが。

    眠くてしょうがないので寝ます。

    あ、ただこれだけは。

    AV業界って、知れば知るほど、深いゼェ-……?
    メラ日記TB:0CM:2

    CD曼荼羅

    2010/01/28(木) 01:24:03

    モグフヨフィーバーが来てるとかは、前々回か前々々回の日記に書いてたと思いますが。

    ようやく、COILのCDを見つけた。

    AUTO REVERSE。2001年のアルバムですよ。ダメもとでブックオフのCDコーナーのカ行に行ったらあった。

    「うおっ!」って素で言った。タ行辺りでCD漁ってた高校生がこっち見た。

    で。

    興味が、モグフヨさんが使った曲だけでなく、そのアーティストにまで及んでおります。

    んで、さっき入金してきた。amazonに。

    買ったのはファンタ・ゼロ・コースターのラッキービート(噂ブギ目当て)と、スケルトンズのlincoln(トゲホネロック目当て)。

    ファンタ・ゼロ・コースターに関しては、まだ惚れ込んでるわけじゃないので、これだけで済むと思ってるんですが……。

    スケルトンズが好きすぎて辛い。

    CDを、すごく揃えたい。

    さっき軽く計算したら、8000円くらいでコンプ出来そうです。

    さぁ、どうする……!

    これから何かと入用だぞ!

    どうする俺!

    ……月に一枚ずつ……。

    まぁ、あと二枚くらいは今月中に買う。

    つか、今からamazonで予約してくる。

    ああ、本当にありがとうモグフヨさん。

    こんな素敵なバンドとめぐり合わせてくれて。

    作ろうぜ! CD曼荼羅!

    むりやりオチつけたよ。
    メラ日記TB:0CM:0

    週間少年ジャンプ8号感想

    2010/01/26(火) 01:48:32

    ※AM二時半、感想「ぬらりひょんの孫」追加しました。忘れてたわ。※

    <OPトーク>
    こっちにいるのもあと少しというのもあり、「せっかくだし」ということで、バイトの先輩がやってるバンドのライブに行ってきました。
    REUNIONってバンドです。
    バイトの先輩はベースの人です。いつもダルそうにレジを打ってる人とは別人でした(笑)
    カッチョいいとか思いながら、ベースにしてはすごくアグレッシブに動くなぁなんて思ってた。
    いうほどライブ経験も無いですが、ベースはドッシリと構えてたまにドラムの人と目配せする程度だと思ってた。

    で、今回このライブにいって良かったこと。
    ポラリスカブに出会えたこと。すごく俺好みのバンドでした。
    CD買っちゃったよ。ミニアルバムだけだけど。そのうち出てるCD全部揃えるかもしれん。

    あと珈琲が届いて、宛先が手書きだったりしてすごくホンワカした上に珈琲はスゴク美味しかったって話をしたいけど、いい加減早くジャンプ感想を書かなきゃ。
    あ、珈琲の話全部してるわ。



    「いつだって 書くと思うな ナルトとブリーチの感想」(字余り過ぎ)
    どんなに特筆することがなくても、なんとなく書いてたナルトとブリーチの感想ですが、これから扱いを一つ下げます。
    書こうと思った時しか書きません。

    いつもはワンピースからですが、せっかくの巻頭カラーなんですから!

    <PSYREN>
    ピーピング・ラヴァー。トランス特化の雨宮さんならではの偵察型PSYです。
    何が良いってさ、名前。どんどん技の名前のセンス良くなってる気がする。
    遊坂のPSY能力、名前判明「キャンディ・マン」
    毒ガスを散布するハエを作り出すPSYのようです。ライズは関係ないのかな。バースト特化?
    「暴王の流星」で撃退しようにも、毒ガス自体もPSY能力であるため、ハエまで届かない。
    アゲハ、動かず。新技フラグでしょうね。
    一方、雨宮さんが撃たれる。俺、動揺。
    裏・雨宮さん(以降、裏宮さん)覚醒。
    あー、こうなるのか。予想出来なかった。つーか体は乗っ取れるのか。裏宮さん。
    肌の色が褐色に。まさか遊坂もこれ……? 違うよね?

    <ONE PIECE>
    ガープ対ルフィ。
    これは、覚悟というか未練というか、そういった精神的な要因の差でしたね。
    こうして孫の前には立ったものの、最後の最後で情を捨てきることが出来なかった。
    ルフィに殴り飛ばされるガープ。一番納得できる展開っちゃ展開ですね。ガチでやったらルフィに勝ち目ないですし。
    ついにエースの元へ。鍵を取り出すが、センゴクが巨大化。これは大仏? なるほど。仏のセンゴクな。
    ひるんだ隙に、鍵を破壊する黄猿。嫌らしいポジションのキャラですよね。
    海兵に変装して、処刑台にいたMr,3。ちょっとご都合主義すぎだけど、この展開を打破出来るのは彼だけですね。
    各キャラにまんべんなく見せ場を作っており、やっぱりうまいなぁと。
    「私がここにいる理由が…亡き同胞への弔いの為だとしたら 貴様私を笑うカネ!!!!」
    カッケェなおい。
    ギリギリで解錠。エース、ついに復活! 興奮してきた!

    <銀魂>
    シリアスよりのコメディかと思ったら、完全にギャグだったでござる。
    スパーキング!のくだりが好きです。
    「山崎冬のパン祭り」とか。

    <トリコ>
    マッチと滝丸で一週ずつかと思ったんですが、違いましたね。そりゃ、敵の詳細もしりたいですよね。
    ボギーウッズは、ものすごく特殊な骨格をしていました。
    間接が多い骨と言ったら、アレですね。バキ。ピクル対愚地克巳。当てない打撃ですよ。
    あれは思い込みですけどね。
    体を鎖鎌にするってのは面白いなと思いました。
    愛丸さん登場。線の細い、中性的なキャラだと思ったら、ちょっとちがった。でも好きな造形です。
    とっておきのプリショットルーティンから入る「スクリュードライバー」。
    アオリ文がうまかった。「S(スープ)の祝杯へ! 栓抜き完了!!」って。久々に上手いなと感心した。

    <べるぜバブ>
    怪獣大決戦www
    男鹿の開き直った感じの「やれっっ!!」が面白かった。

    <SKET DANCE>
    山辺先生の話はハズレがないです。
    ついに前後編か……。
    ジェネシスW杯。まぁ、タイムリーなネタですわね。

    <めだかボックス>
    あー、サバットか。聞いたことだけはあった。
    「怯えているからこそ、正確な対応が出来る」なるほどなーと、関心。
    最近は維新カラー全開な展開なので、ファンとして嬉しい。
    銃殺も意に介さず。爆殺もいなし。必殺すらも突破する。
    しかし最後に残っていた「暗殺」。
    やっぱり言葉の搾り出しが上手いです。
    鋭い人は「必殺」の辺りで気づいてたりするんですかね。

    <賢い犬リリエンタール>
    ごむぞぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉお!

    <保健室の死神>
    みのり先生カワエエ……。足のテーピングのシーンだけ、漫画を間違えたのかと錯覚したよ。
    最近、露骨にストーリー展開の方向性が変わってますね。テコ入れ入ったかな……。
    詮無いことですね。



    ライブは最前列の上にスピーカーのすぐそばにいたので、左耳がなんか変な感じ。麻痺しちゃってます。

    ※追記※
    <ぬらりひょんの孫>
    コレを忘れてどうするという話。史上稀に見る神回だったのに。
    淡島マジ可愛ぇぇぇ……。
    ようやくなんですが、妖怪同士の戦いってのは「脅かしあい」なんだなと実感。本当に遅い。
    「ビビったら負け」的な。端的に表すとこんな感じだったんですね。
    重軽石の重さに驚いた瞬間、そこは「二十七面千手百足」の畏に取り込まれると。
    つか、そんな妖怪がいたのね。
    で、最後のページの淡島ですがね。
    なんだこれ超可愛い。
    マジ可愛い。
    メインヒロインじゃね?
    天使じゃね?

    修行編の時に「淡島の畏はエゲツない」みたいなことを言ってた気がするので、楽しみです。
    超可愛いのお願いします。
    はー、淡島タン。超可愛いお。
    ジャンプ感想TB:0CM:2

    以上のことをふまえて

    2010/01/24(日) 03:21:27

    20100124-013932-56645500.gif

    落書き。

    アンダースタンディングZでググると詳細が判明するよ!

    残念すぎる出来のトレースだけどね。

    一昨日から、モグフヨフィーバーが再燃しております。音楽方面で。

    いやほんと、使ってる音楽にハズレが無い。

    昨日は近所のレンタルショップ。

    今日はTSUTAYAに行って、COILとかMOTOCOMPOとかスケルトンズとかのCD探してたんですけどね。

    見つからねぇ。

    もう一組、ピストルモンキー(ズ)に至っては、インディーズの上にシングルが完売しちゃってますしね。

    手の出しようがない。

    手がないこともないんですが、ちょっとそれは最終手段にしたいというか。

    音質がねぇ。



    「戦略的思考の技術」って本を今日から読み始めました。新書です。

    いやー、面白いわ。

    たまにはこういうのもいいもんだ。

    つか、新書って敬遠してましたが、実はものすごく面白いものなのかもしれない。

    最近読む本は全部紹介されたものなんですが、こういう本を自分で開拓出来るようになりたい。

    ところで。

    ここまで堅めの文章を読むのがおそらく高校生のころの国語の評論問題以来だとおもうのですが、それを抜きにしてもここのところの活字離れがひどかったのか、集中できない。

    読書集中力全盛期は、音楽を大音量で聴きながらでも集中できたんですけどね……。



    自宅のコーヒーA:ランクB
    自宅のコーヒーB:ランクC
    マクドナルドのコーヒー:ランクA
    モスバーガーのコーヒー:ランクA+
    ガストのコーヒー(ドリンクバー):ランクS
    ロイホのコーヒー(ドリンクバー):ランクA-
    ドトールブレンドコーヒー:ランクB+
    上島珈琲店ブレンドコーヒー:ランクA+

    ジョージアブラック:ランクD+

    あくまで主観。

    酸味が強いコーヒーが苦手なので、こうなってます。

    つーことは、ブルマン飲めないな。飲んでみたいんだけどな。

    缶コーヒーはどうなんだろ。俺は不味く感じたけど。

    自宅コーヒーは、豆の違い。

    雪中さんにもらった方は酸味が強くて苦手です。まぁ、全部のんだけど。

    西山珈琲で中煎りブレンドを注文したので、届くのが楽しみ。

    で、注文のお礼メールみたいなのが届いてですね。

    文面から良い人ってのが伝わってくる。

    こんな丁寧なメールもらったら、味の感想を送りたくなっちゃうよ。

    かなり評価の高い珈琲店なので、飲むのが楽しみです。
    メラ日記TB:0CM:0

    定期的な例のアレ

    2010/01/23(土) 14:02:45

    もの作りをしている人に憧れるわけであるが、それは別段もの作りが大好きだとかそういうわけではない。

    結局、ものを作ることで「すごい」と言われたいだけでしか無い。

    そんな自分に吐き気をもよおす。

    こんな話をして、動き出さないことの言い訳にもなっていることにも吐き気がする。

    負のスパイラルである。
    メラ日記TB:0CM:0

    よっさ

    2010/01/22(金) 01:15:13

    ようやくポケウォーカーでダンバル捕まえました。

    だってさ、メタグロスかっこいいじゃん。

    素敵なパートナーにしたい。



    という話題くらいしか、更新することが無いのは考えものである。

    福岡にいるのも、あと十日くらいなのでそのことを寂しく思っているのかもしれない。

    そろそろ本格的に引越の準備をしないといけないわけですよ。

    さぁ、頑張ろう。

    今日は寝ます。おやすみなさい。
    メラ日記TB:0CM:0

    週刊少年ジャンプ07号感想

    2010/01/18(月) 23:21:08

    <OPトーク>
    そういえば、先々週は感想書いたのに更新チェックサイト様に補足されなかったんですよね。

    しばらく書いてなかったから、切られちゃったのかしら。

    今週もダメみたいだったら、どうしよう。



    <ONE PIECE>
    ルフィの覇気発動。そういえば、それが何なのかを知っているのが大勢いる場所での発動は初めてですね。
    一気に注目を集めるルフィ。そして、白ひげは望みをルフィに託すかのように手下たちにルフィを守るよう指示。
    心強い援軍とともに進む中、ミホークの斬撃が。
    それを止めるダズ。「社長命令だ」なんて、B・W解散後もそういう関係が続いてるのがなんか嬉しい。
    雇われてたとかじゃなくて、ダズはクロコダイルに心酔してただなぁ。
    しかし、ダズとミホークでは実力に大きな開き。瞬殺されたダズを助けるように、クロコがミホークの攻撃を受け止める。
    一方、ハンコックさまは完全に海軍に反旗を翻してました。
    「恋はいつでもハリケーン」名言ですね。
    イナズマが、チョキチョキの能力で処刑台までに橋をかける。
    一時リタイアしていたのが、今になって効いてきました。
    つか、イワちゃんのアフロの中かよ。
    ついにエースのもとへ……!
    と思ったら、最大の障害。ガープ爺ちゃん。
    ルーキー対伝説の海軍本部中将(昇進蹴りまくり)。
    どう考えても勝ち目は無いですが……。
    さぁ、どうなる。

    <NARUTO>
    NARUTOの感想を書かなかったら「なんで?」って突っ込まれちゃうんですが、いい加減辞めたい。
    マジで書くこと無い。
    俺、この漫画の続き楽しみにしてない。
    どんなにカッコいいことが起こっても、まったくトキめかない。
    イザナギとかマジどうでもいい。

    <BLEACH>
    一護の奇襲。最高のタイミングで、最も効果的な部位を狙って攻撃をしているのですが……!
    肝心の攻撃力不足!
    虚化していなかったからですが、それはウルキオラ戦で暴走したことからくる恐怖でした。
    「俺達が てめえを護って戦ってやる」
    いやまぁ、素敵な提案なのですが……。
    ひよ里の安否が早く知りたい。
    卯ノ花隊長ーーー!早く来てくれーーー!

    <トリコ>
    ボギーウッズが着ていたのは、ただの皮ではなく。
    骨以外はそのままで残された体らしいです。なるほどなー。
    脳を直接いじることによって、もともとのスペックで戦うことが出来ると。
    次々とMSを替えて戦ってた、ジェリドみたいな野郎だ。ちょっと違うけどさ。
    滝丸には、まだまだ何か秘密がありそうですね。
    センチュリースープ編、期待してなかったけど面白くなってきた。

    <バクマン。>
    蒼樹さん、新井先生、連載決定。
    サイコー&シュージン、連載逃す。
    高浜さん、打ち切り決定。
    中井さん[モテ男(笑)]、失恋決定。そして帰郷。
    今回は無理だろうなと思っていたら、案の定そうだったでござる。
    つーか、しばらく無理なんじゃないかと思ってる。
    で、岩瀬さんと連載をあらそうんじゃなかろーか。
    担当が吉田さん辺りになると、すっげー面白そうなんだけどな。
    一方モテ男(笑)は、打ち切りだということで加藤さんにせまるも玉砕。
    フリ方がひどいなと思ったけど、「まぁモテ男(笑)だしいっか」ってなった。
    そーか。年下好きだったのか。……そうか(期待)。なるほどなー(期待)。
    そのまま連載決定した蒼樹さんのアシスタントになろうとするが、不用意な一言で完全に終了。
    気持ちはわかるが、仕事サボっちゃいかんわ。
    そして秋田に帰郷。あきたこまち美味しいよね。
    最後の挨拶に福田さんと蒼樹さんが来てるのはなんか良かった。
    「このまま終わらねーよな」
    最近の福田さんがかっこよすぎてしょうがない。

    <ぬらりひょんの孫>
    淡島メインの話になりそうでテンションがものすっごい上がってる。
    TS物って俺もう大好きで。淡島はそんなTSを地で行く良キャラ。
    仮に淡島がひどい目にあったとしても、スポットが当たっただけでものすごく嬉しい。
    あとやっぱり秀元がかっこよすぎる。

    <PSYREN>
    「これ、回想で出てきたアレだー」とか思ってたら、どうやら歴史が元に戻ろうとする強制力が働いてるとかどうこう。
    射場さん死す。天城弥勒は、自分を人間として扱ってくれた射場さんのことを憎からず思っていたようです。
    そして遊坂がぶっ飛びすぎ。
    見た感じ、自分に注入したウィルスを、毒ガスとして散布するPSYみたいですね。
    他にも、自分の中で毒を生成したり出来るのかしら? 発動も思いのままみたいだし。
    ライズとバーストかな……?
    そして、次週巻頭カラー。
    来たぜ! 春が!

    <SKET DANCE>
    「クイズで」「お前エニグマンか!」の下りで爆笑。まったく気づかんかった。
    オチがちょっと弱かったというか、残念だった気がします。
    もっとインパクトの強いオチがあっても良かった気がする。

    <保健室の死神>
    しおりちゃんが可愛すぎた。これから毎週出るというのなら、俺何でもする。

    <賢い犬リリエンタール>
    巨人は、うさみとてつこの二人の心から作られたんじゃないかと推理。
    うさみが「てつこちゃんいなくなれ」と思ったと同時に、
    てつこも「ここからいなくなりたい」なんて思ったんじゃないでしょうか。
    来週で解決かな?

    <ねこわっぱ!>
    掲載順下がったなぁ……。
    リリエンタールといい、こういう作品が最近なかったので、続いて欲しいんだけどな。
    慈英呂無の「安全なゾーン」は鉄板ですね。やっぱり。



    はー、疲れる。
    一時間くらいかかるなやっぱり。
    ジャンプ感想TB:0CM:0

    ドキドキさせやがる

    2010/01/18(月) 02:26:53

    編集ページのブックマークをうっかり消していて、焦る。

    IEの方からURL引っ張るだけでいいんだけどさ。あるはずのものが無かったら焦るよね。



    しかし、最近特筆する話題が全く無い。

    「書きたい!!!」と思ったりはするんですが、その直後に「……何を?」となるわけで。

    「今日はいっか」ってなっちゃうのはまさに世の理(ことわり)。

    この前、録画してた相棒を観ました。

    おそらく、今季ナンバーワンシナリオである「ミスグリーンの秘密」と同じ脚本家で。

    やっぱ今回もしんみり系で来るのかと思っていたら、そのとおり。

    しかし、そこに、言ってみれば「相棒らしい」気持ち悪さとかやるせなさってのが加味されて。

    とても良い出来のお話でした。

    現行の法では、時効を過ぎてしまえばお咎めなしという、無力感。

    いい意味で気持ちが悪く、すっきりしない感じが「良い相棒を観た」という気にさせてくれます。

    ……って、相棒のファンサイトの感想にだいぶ影響された文章になってます。

    でも、その文章にかなりうなづいた部分ってのが大きいんですよね。



    明日はジャンプの感想を書くと思うよ!

    今週も面白かったよ!

    眠いよ!

    寝るよ!
    メラ日記TB:0CM:0

    2010/01/13(水) 02:32:01

    友達が遊びに来て、二泊したりしてたらずいぶんと日があきました。

    面目ない。

    ポケモンやってて、気がつくと物理アタッカーばっかり育ててるお兄さんだよ。

    エルレイドとチャーレムとバシャーモを育ててるよ。

    あとは、ムウマージとドンカラスとサーナイトを育て直すよ。

    もしかしたら違うポケモンかもしれないけど。



    さて。

    ブラックコーヒー飲んだそばからあくびが止まらないってのはどういうことなんでしょ。

    カフェイン耐性が半端じゃないようです。

    この前なんかブラック飲みすぎて気持ち悪くなってすぐ就寝ですから。

    意味なし。

    つうことでおやすみなさい

    携帯からでした
    メラ日記TB:0CM:0

    えんやこらなんじゃオラ

    2010/01/07(木) 00:26:53

    石鹸屋の新譜「DeadmanWalking」を、三日前だったか購入してました。

    ライブではやってたけど、CDに収録してなかった楽曲を、新曲「スピアソング」を加えて収録したCD。

    その中に「かげろう」って曲があるんですわ。

    俺は何も出来ない男だけど、精一杯君を愛するよ。って感じの切ない楽曲。

    なんですよ。

    聴くのはこの前のライブが初めてだったんです。

    聴いたことないし、騒ぐ曲でもないので、しっとりと聴いていたんです。

    そしたらさ。

    「みんな知らないだろうけど俺知ってるぜ」って優越感なのかどうか知らないんですけど

    大声で歌うバカが近くにいたんですわ。

    イラッとして一睨み。しばらく黙る。

    いや、サビが終わったからかもしれない。AメロBメロを知らないからかもしれない。

    mixiでおそらくそいつと思われる日記を発見。だからってどうもしなかったけど、歌って睨まれた自分を正当化しててムカついた。

    テンション上がって歌うのは、否定しないです。ただ単に、それに対して俺がイラッとしちゃっただけなので。

    ただ、睨まれたってことは人を不快にさせたってことなんだから、その辺りは反省して欲しかった。

    で、どうしてこんな話題を今更するのかというと。

    そいつのせいで、「かげろう」を聴く度にその時の声を思い出しちゃうんですよ。上手くもなく下手でもない中途半端な歌声を。

    それがイヤでしょうがない。

    会場はあんなに大音量だったのに、そいつの声がやたらはっきりと聞こえたんですよ。

    なんなのいったい。

    収録曲では「弾丸般若」が好きです。トラック10が「……。」と表記されてて何だろうと思ってたんですが、調べてみると「Black Newtype T2」って曲らしいです。

    学生時代の先生のことを歌ってるようです。

    歌詞読むと確かにそんな感じ。

    学生時代を思い出しますね。

    どの学校にもいるはずなんです。口癖が特殊だったり、生徒にネタにされちゃうような先生って。

    中学校の頃の社会の先生を思い出しました。
    メラ日記TB:0CM:0

    週刊少年ジャンプ05・06新年合併号感想

    2010/01/05(火) 02:01:03

    <OPトーク>
    そりゃあ、そろそろ書くよ。新年一発目。



    <ONE PIECE>
    やっぱりうまいことまとまってるなぁと。
    ルフィの復活と同時に、白ひげ海賊団劣勢の方向で一気に話がまとまりだしました。
    ルフィの前にたちはだかるコビー。ブレット一発。今の二人の差なんてこんなもの。
    量産型くまの包囲陣を、味方であるハンコックが前に出ることで無効化。
    やっぱりハンコックさまかわいいなぁ……。
    一方、黄猿、青キジによりマルコ、ジョズが崩れる。
    ここで海楼石使うか。上手いねぇー。
    白ひげ満身創痍。しかし倒れず。
    「息子達の明るい未来を見届ねぇと おれァ死ぬ訳にはいかねェじゃねェか…!!!」
    その心意気呼応するように、残った白ひげ海賊団と援軍の海賊団は白ひげの背中を守る。
    が、無常にも執行されんとする処刑。
    それを止めたのは、ルフィの覇気であった。
    あー、そっか。最近の内容が濃すぎたもんで、そんなのすっかり忘れてたわ。
    ……感想書くためにジャンプ読み返してて、今気づいたんですが。
    気絶してる中にジャンゴがいる……!

    <NARUTO>
    マジでただの幻術合戦じゃねぇか。
    一つずつ閉じていくダンゾウの腕の写輪眼に何か伏線を張っているんでしょうが……。
    やってることはただの……ねぇ?

    <BLEACH>
    見えとる方向と切られる方向も逆ってのがいまいちピンと来ないんですが。
    これは俺が馬鹿なだけ?

    <黒子のバスケ>
    ここで負けちゃうってのはまったく想像していなかったんですよね。
    まぁ、火神が万全じゃない時点で確かにその兆候はあったんですけど。
    そして誠凛高校先輩陣に新キャラ?木吉鉄平さんとおっしゃるそうです。
    で、今更気づいた。
    誠凛メンバーって、黒子以外は曜日なのね。
    日向、伊月、火神、水戸部、木吉、小金井、土田。
    ピースがそろった……か?

    <HUNTER×HUNTER>
    くそ、悔しいけど面白い。
    やっぱりセンス最高だと思う。

    <ぬらりひょんの孫>
    秀元カッコ良すぎる。
    そして奴良組。過去編の始まりを彷彿とさせる見開きで興奮するわ。

    <トリコ>
    GTロボいたーっ!ちっちぇーのがいたー!!!
    やっぱり次郎の弟子っぽい人と合流しましたね。ゾンゲさま一行とはどうなんざんしょ?
    ウォールペンギンの親は、やっぱり死にますよね。
    戦闘態勢になっても、トリコたちにもう一段階エンジンかけさせないとね。
    アレな言い方ですが、トリコたちを最高にかっこよく戦わせるために必要だった存在ですから。
    ボギーウッズ本体登場。これは……! ジャージ……!?

    <PSYREN>
    ネメシスQの事を思うと、このような施設がほぼそのままの形で残っていることに苛立つアゲハ。
    「有無を言わせねぇ世界を変える力が欲しい」
    まさかの黒発言。これは気になるセリフですね。
    Pacsチップ破壊コード入手。隠し方が堂に入っていて好きです。
    怪しい怪しいとは思っていましたが、もう少し後だと思ってた。
    射場さん、祭先生両名に浮かび上がる見覚えのある紋様。
    回想の中で、祭先生が発症していたものと同じようです。
    なるほどな。回想の中では、祭先生は一人でここまで突き止めていたのか。
    犯人はもちろん遊坂。祭先生の手を握ったのはやっぱ伏線だったか。
    ただのエロい人って線を大切にしていたんだが!(笑)

    <いぬまるだしっ>
    前号から引き続き、コラボかつ神回。
    今週はなんとToLOVEるとのコラボ!
    ポイントはもちろん矢吹先生画のたまこ先生。
    かわいすぎるだろJK
    オチは……ノーコメント。
    続いて欲しいです。切実に。
    そういえばSQ読み忘れちまった。
    読み切り、面白かったです。特筆するところはなかったので、ここに一緒に書くよ。

    <バクマン。>
    岩瀬三度目(みたび)。
    あーわかった。中井さん(と書いてモテ男(笑)と読む)と組むんだ。
    そして蒼樹さんの可愛さが止まらない。なんだこの可愛い生き物は。
    そして亜城木、蒼樹両名の連載ネームに書かれた批評に微妙な表情の二人。
    さぁどうなる。



    読み返しながらだから、時間かかるんだよね。

    頑張るけどさ。

    おやすみなさい。
    ジャンプ感想TB:0CM:0

    おおきい

    2010/01/04(月) 02:13:44

    とにかく大きさ比べが好きだった。
    宇宙の本に書かれていた、木星と地球の大きさを比べた小さなイラストが大好きだった。
    保育園でそればかり読んでいたから、親がその本を買ってくれた。
    ごめんなさい。別に宇宙に興味があったわけじゃないんです。
    大きさ比べが好きだっただけです。

    いつもいつも、親に質問していた。
    なんにでも興味をもっていて、ちょっとでも気になれば親に質問していた。
    ある日、親が子供用の百科事典を買ってくれた。
    「コレがあれば、自分で調べられるでしょ」
    何か違うとは思ったけど、その本はとても面白かった。
    だけど、やっぱり親に質問してばっかりだった。
    答えてもらうことが大好きだったから。

    やっぱり大きさ比べが好きだった。
    買ってもらった百科事典に載っていた、海に住む哺乳類の大きさ比べのページがお気に入りだった。
    ザトウクジラはヒゲクジラ。マッコウクジラはハクジラ。
    その中でも、シロナガスクジラは大好きだった。
    こんな大きな生き物が同じ星にいることに興奮した。
    同じ哺乳類であることに、誇りさえ感じたものだった。
    30メートル。途方もない大きさだと、世界の広さに戦慄したのもいい思い出である。

    それから数年。
    大好きな番組だった「どうぶつ奇想天外」。
    その中でも好きだった企画。あるタレントさん(名前失念)の素潜りでのイルカとの触れ合い。
    そのタレントさんが、ついにシロナガスクジラと泳ぐというのだ。
    喜んだ。と同時に動揺した。「その大きさをテレビで表しきれるのか?」
    今思えば、シロナガスクジラを神格化していたのだろうか。
    確かに今でも好きではある。
    どうぶつ奇想天外は好きだったが、みのもんたは嫌いである。



    なんか、何を書きたいのかよくわかんなくなってきたので終了
    メラ日記TB:0CM:0

    あけました

    2010/01/02(土) 02:15:35

    あけましておめでとうございます。

    新年早々、携帯からお送りいたします。

    今年から東京の男。ハルジオンです。

    -------------------------------------------

    爆笑ヒットパレード観ながら、ふと絵を描きたくなり、コピー用紙を出そうと引き出し開けたんですよ。

    そしたら引き出し間違えて、一つ下の引き出しを開けちゃったんですね。

    新年最初の光を浴び、アンニュイな表情をこちらに向ける女性がいたんですわ。

    堕天使X(タイトル)。桃瀬えみるちゃんですよ。

    まぁ、観る気はなかったんで、両頬にえくぼを作ってぽつりと一言。

    「今年もよろしくお願いします」

    何回お世話になるんでしょうね。

    あ、まだお世話にはなってないです。

    -------------------------------------------

    バイトの先輩呼んで、二人で飲みながらキムチ鍋つついてました。

    格付け、相棒、ケータイ大喜利、テレ東深夜バラエティスペシャル。

    と、ずっとテレビ。

    昼の爆笑ヒットパレードからずっと。

    さすがに一日中は久々でしたわ。

    ただ、こんな正月初めてなので、あんまり新年という実感なし。

    雑煮は作ったけどね。

    おいしく作れました。

    そんな俺ですが。

    2010年もどうかよろしくお願いします。
    メラ日記TB:0CM:3

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Copyright(C) 2006 クラブ・メランコリー All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。