クラブ・メランコリー

小賢しい事を考える頭のオンオフ切り替えができるようになりたいお兄さんのブログ

全記事一覧 << 2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06 >>


プロフィール

ハルジオン

Author:ハルジオン
こないだ22歳になったけどアイコンは「20歳」と表記されたままのお兄さん。

もう永遠の18歳でいいよ。
あ、それだと酒飲めない!

twitter

    follow me on Twitter

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    スポンサーサイト

    --/--/--(--) --:--:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告

    週刊少年ジャンプ52号感想 (※縮小版)

    2010/11/30(火) 06:05:42

    <OPトーク>
    小生仕事が大変である。
    なんだかんだで月末までのお仕事だったである。
    今日は休みだったのである。
    せっかくなのでジャンプ感想を書くのである。

    そういやよつばと10巻とかハガレン最終巻とか買いましたよ。

    ハガレン最終巻で面白いことに気づきましたけど
    エドの復活した右腕、左腕と太さが違いますね。
    鍛えてないからとか、そういう話なんでしょうけど
    デフォルメ入った絵でもちゃんと太さ変えてるのは細かいなぁと感心しました。
    おっさん三回読んで三回泣いちゃったよ。

    眠いのと溜まってる疲労で少ししか書く気が起こりません。



    <ONE PIECE>
    クラーケン対麦わら海賊団。
    それぞれがパワーアップした技をご披露です。
    個人的に好きなのは、サンジですね。
    そういえば唯一、海中戦で苦労してるんですよね。アーロンパーク編で。
    そんなサンジが水中であんな動きができるようになったのは、何か嬉しい。
    カリブーコリブーはもっと活躍すると思ってたのに・・・
    コリブーは見事にクラーケンのかませでしたわ。

    <トリコ>
    なんか俺、最終的にメルク美少年で結論づけてた気がするけど
    やっぱり女性だったね。
    小松とフラグ立てまくりだし。

    <バクマン。>
    白鳥先生連載おめでとうございます。
    エイジの「『恋太&ピース』は白鳥シュン先生の作品」って言葉の意味もなんとなくわかった。
    さすがにシュージンの意図までは読んでねぇよな・・・。
    一触即発寸前までコンビを追い込んで、シュージン復帰。今までで一番かっこよく見えた。
    サイコーにあそこまで言ったのは、サイコーを追い込むためだったのかな。
    若干のムカつきがあったとは思うけど。

    <SKET DANCE>
    おもいっきり笑ったわ・・・。
    叩くつもりじゃないけど、漫画賞とった辺りから勘違いしてる印象を受けてて
    なんとなく笑えなかったんですが、最近は平常運転に戻ってきた感じで面白いっす。
    人気投票ネタってことで、期待はしてましたが期待以上でした。

    <PSYREN>
    岩代先生、連載お疲れさまでした。
    ミスラ戦後、倒れたアゲハ。
    目が覚めて電話がなってるってのは、良かった。
    電話の相手は7号。アレから未来はどうなったかの話ですな。
    ほんとだったら、コレも一週まるごと使ってじっくりやるんだろうなと思うとしんみり。
    そして、未来の面々からの激励で、アゲハ目覚める。
    伏線と思われていたカブトの宝くじは、未来が変わったのでなかった事にと、あっさり回収。
    億号と大河がどうなったのかだけ気になってるんですが・・・。しゃあないか。
    最後の7号救出がキチンと描かれて、俺的には満足です。
    でも・・・不完全燃焼の感が否めない!否めない!



    といったところで終わり。
    あしたというか今日の深夜は現場最終日。頑張る。
    スポンサーサイト
    ジャンプ感想TB:0CM:0

    ジャンプ感想番外:トップ・オブ・ザ・スーパーレジェンド

    2010/11/18(木) 22:21:20

    <OPトーク>
    小生結果として嘘を抜かしたことを、お詫び申し上げたい。
    ちょーっといろいろあって塞ぎこんでた。
    いろいろってのはまだ続いてたりするけど、割と立ち直った。

    ちょいと現場に出ることになりそう。
    携帯会社のバグ探しというかテストとか言ってたので、
    デバッグの仕事ではなかろうかと考えているのだが。
    驚愕のシフト時間22:00~翌10:00の二交代。
    時間は良いのだが、決まれば明日の夜からという。
    土日はどうなる。そして来週の祝日はどうなる。
    11月いっぱいの超短期であるが故に、休みがなさそう。

    そうなっても代休とるけど。

    どうなる! 小生の11月!



    <ベンチ 著:岸本斉史>
    部員とは名ばかりで、雑用ばかり押し付けられる補欠たちの逆襲。
    今まで読んだ岸本先生のマンガといったら、戦う少年ばっかりでしたな。
    まぁ、KARAKURI(だったか・・・)とNARUTOだけですけど。
    それだけに、岸本先生のスポコンってのは凄く意外だったし、様になってた。
    まだ熱いものを隠し持っていた元エースと、身体的なハンディに気づいてなかったスラッガー。
    全体的に芋臭いキャラしかいないのに、
    やっぱり王くんが右で投げたシーンは凄くかっこ良かったし
    勤の「リリースポイントは見えた」ってセリフからのホームランは最高にかっこ良かった。
    少年誌の盛り上げ方と、魅せ方。そのあたりはやっぱり上手いなぁと思いました。

    ところで、この読切でいろいろ大変だったんですかね。
    何回かNARUTOの原稿の乱れがありましたな。
    今週も。

    <ばんからさんが通る 著:空知英秋>
    電脳世界に蘇った伝説の番長の話。
    空知先生、やっぱ読切すごく上手いですよね。
    話の作りとしては、ありがちなんですが
    SFとヤンキーなんてイチゴと大福みたいなミスマッチと
    空知先生の独特の台詞回しで、すごく読ませる作品になっていました。
    ただ、会社の先輩と「字が多いねー」って笑ってました。
    それぞれの哲学者の青春に関する名言をところどころに挟んでいたのは良かった。

    <Moon Walker LTD. 著:許斐剛>
    チート系主人公が、刑務所を脱獄する話。
    展開も設定もマツコ・デラックスもなにもかもブッ飛んでるのに、しっかり読ませる辺り許斐マジック。
    ずっとニヤニヤしながら読んでましたが、大真面目なんだよなぁ・・・。
    このマンガを一言で表現するなら、「スマートなセガール映画」だと思う。
    最後はどうなったのかちょっと分かりづらかったけど。
    COOLを思い出しましたね-。

    <ポー 著:うすた京介>
    失われた拳法を探すカンフー少年の話。
    連載では、シュールでぶっ飛んだギャグマンガを描くうすた先生ですが
    読切ではいつもすごく読ませてくれますね。
    元々動きが上手いので、アクションにも迫力があってよかったと思います。
    レンのキャラがいまいち立たなかったので、もう少し目立つと良かったんじゃないかなーとか
    身の程もわきまえないこと言ってみる。

    <SUCCEED 著:秋本治>
    ダム建設とダム決壊。そして・・・
    未開の村にダムを建設するという、政治的にはよくある話。
    全体的に秋元先生らしい、人情話。
    オチの、夢のある感じがすげぇよかった。

    <KINTOKI-金目族のトキ- 著:鳥山明>
    希少種族の少年が占い師のおねえさんに求婚する話。
    ずいぶん久しぶりに読みましたわ。鳥山先生のマンガ。
    31ページでも、読ませるところはしっかり読ませる感じ。
    まぁ、ちょっと物足りない感じはありました。
    期待値が大きすぎたのか、読後感の感想は「アレ?」でしたわ。
    良くも悪くも力を抜いてる印象。
    作者コメントに「もう連載マンガは絶対描かねぇ」って感じのメッセージを読み取っちゃって
    なんか寂しかったり。



    なんだかんだで一番好きなのはベンチかなーと思います。
    岸本先生の漫画力というか、素の実力を垣間見た感じ。
    そのせいか、他のマンガの感想が全体的に短いっすね。

    あー、明日以降のこと考えると憂鬱になるわー。
    どうにかなんねーかなー。
    ジャンプ感想TB:0CM:0

    週刊少年ジャンプ49号感想

    2010/11/08(月) 21:52:04

    <OPトーク>
    いつもですねー。
    始業前とか昼休みとかに、朝買ったジャンプを会社で読んでるんですよ。
    なんですけどね、なんか他部署の人がですね。いろいろとイチャモンをですね。
    俺じゃなくて、わざわざ先輩経由でですね、言ってきてですね。
    曰く「仕事で使うデスクで漫画とか読むんじゃないよ」
    理屈はわかるんですけど、昼休みくらい好きに過ごさせろよ。

    あと、どうもネットのアクセスログまで見てるらしいとは先輩談。
    「そのうち『仕事に使うPCで関係ないページ見るなよ』って言い出すんじゃね?」
    ですって。気持ち悪いなぁ。



    <ONE PIECE>
    コーティング船による海底航海。
    諸注意に入るためにナミが「動いた」瞬間、サンジが鼻血で飛ぶ。
    パンスト9話思い出したわ。
    サンジが二年間カマバッカ王国でどんな生活を送ったかは想像に難くないですが、そろそろウザいなぁ。
    女性にまったく免疫のないキャラってもともとそんなに好きじゃない。

    「本当は海底への案内を買って出てくれたハチ」
    確かそうでした。ですが、大ケガを負って"魚人島"で療養中とのこと。
    デュバルも同じ理由で怪我していたとのことですが、ちゃんと描写されてましたもんね。
    守っている二人の前に現れた不審な人影。
    王下七武海 バーソロミュー・くま。
    意味深な行動が目立っていましたし
    まさかデュバルやハチを襲ったりはしない思ってましたが、
    船を守り続けていたってのは予想以上。
    すべて改造される前に「麦わらの一味が現れるまで船を守り続ける」
    という任務を自分に課していたんですな。
    今回、わざわざ昼休みにVELOCEまで行って読んでたんですが、若干ウルッときた。

    そういや、カリブーコリブーの二人はもともと麦わらの一味を潰そうと思ってたようですね。
    偽麦わらの一味を「埋め」て、サニー号を追跡。
    海底なわけですが、どう戦う。

    <NARUTO>
    カブトの穢土転生で、過去の強敵、戦友たちがよみがえるこの展開にワクワクを禁じ得無い。
    ただ、今回もナルトは待機してるんですよね。
    どうせまた主人公無双しちゃうのかなと思うと弱萎え。

    <BLEACH>
    織姫がものすごく可愛い。以上。

    <銀魂>
    とっつぁんがメチャクチャかっこいい話。
    レーダーのソフトクリームの所ですげぇ笑ったけど
    ちょっと頭使わなきゃいけなかったのがなぁ。

    <バクマン。>
    うわ、あたった。「人気作家恋愛読切祭」になった。
    新井先生がついに表舞台に! 意外と好戦的な感じ! やだ、カッコイイ!
    それはそうと、やっぱり福田さんも来ましたね。
    「あの人見てると何か落ち着く」「やっぱりこの人和む」ってのに笑った。

    <エニグマ>
    センターカラー。もうこれ勝ち組ですなー。
    三次減算。物が表す"数字"を削ることで、物を小さくすることが出来ると。
    大体予想はしてたんですが、ヒビの上に置いて元の大きさに戻して破壊すると思ってたのになぁ。
    戸を押し開けましたね。
    そして、影化を抑えるカプセルを飲んだふりする会長マジかっけぇ。
    これが今後どう作用するのか。おもしろくなりそうですな。

    <ぬらりひょんの孫>
    あああああっ! (千年前の)羽衣狐さまがぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁ!
    晴明許すまじ!
    復活した晴明に女の表情を見せる(千年前の)羽衣狐さまマジ可愛い。
    千年前の晴明は、男臭い感じのいい男だったのに、復活したら腐女子受け狙ったっぽい見た目で萎え。
    まぁ、羽衣狐さまが「ドキッ」っとするくらいだからしかたないね。

    <LIGHT WING>
    どんどん絵が崩れていってる気がするなぁ。安定してない感じ。
    相変わらず数字がブッ飛んでる。やっぱりこれギャグマンガだろ。



    頭痛い。
    ジャンプ感想TB:0CM:0

    週間少年ジャンプ48号感想

    2010/11/01(月) 20:22:10

    <OPトーク>
    あー、ついに10月の記事の数が2になっちまいましたね。
    もう少し更新頻度を上げたい。

    ただ、前にも書いたけどわざわざブログに書くようなことが無いという。
    大体の思いつきとかは全部twitterで済ませちゃう。

    最近はあれですね。
    かぼちゃの煮物作って、凄く美味しくできました。
    それが俺のハロウィンの過ごし方でした。

    絵? 知らん。



    <ONE PIECE>
    「海賊王に、俺はなる!!!」と宣言し、まずは仲間と合流。
    レイリーを初め、麦わら海賊団を逃がすためにいろんな人が助けてくれてます。

    「弟子の船出だ よしなに頼むよ・・・」
    レイリーカッコ良すぎる。
    そして二年後ペローナちゃんが可愛すぎた。始業前の俺には刺激が強すぎた。
    そしてサンジの女性への免疫力は完全になくなっていました。
    ハンコック様の立場を顧みない妨害。ちょっといい女すぎて辛い。
    シャボンデイ諸島に散らばる海軍を妨害するのはそれだけではなく
    巨大昆虫で襲うヘラクレスン。ウェザリアの面々も雨で火薬を湿らせたりしてしっかり援護
    チョッパーを送ってくれた怪鳥はルフィらを船まで乗せてくれて
    極めつけはカマバッカ王国の面々による逆ナン攻撃。
    あの、海軍食ってるんですけど・・・。
    オカマの人のウインクは、ハンコック様との対比ですな。
    ルフィはああなのにサンジキュンは・・・。泣ける。

    スーパーパワーアップしたフランキーを見て目を輝かせるルフィとか
    免疫ゼロになって今後大丈夫なのか心配なサンジキュンとか
    そういやペローナどこいった?とか
    二年経って一番かっこよくなったのはウソップだよなとか。
    言いたいことはいろいろあるけど、ようやく麦わら海賊団の新たなる船出が始まりました。
    年甲斐もなく少年のように心が踊っております。いやぁ、楽しみだなぁ。

    <BLEACH>
    新章突入。死神の力を失った一護のあらたなる生活と、新たなる敵の予感。
    黒崎一護/17歳
    髪の色/オレンジ
    瞳の色/ブラウン
    職業/高校生
    って出だしに若干鳥肌。
    ユウレイは、 見えない。
    って言葉に切なさ。
    死神代行消失編。楽しみです。
    まぁ、規模がどのくらいでっかくなっちゃうのかわからんけど。
    一回完全にリセットしたくらいだから、今度はキチンとまとめてもらいてぇな。

    <バクマン。>
    見開き丸々蒼樹さんって言うことの幸せを僕らはもっとガモウに感謝するべきだ。
    さて。読み切りを描くにしても、自分にやらせて欲しいとサイコー。
    他の参加する作家も、作る話の方向性を見出し始める。
    そんな作家たちの共通点。それは
    「恋愛物」
    まさか新妻先生まで恋愛物描くとは。
    もしかしたら「現役作家たちの恋愛漫画」って企画が変わるかもなー。
    あとやっぱり中井さんの復帰が濃厚になってきた。
    そしてやっぱり蒼樹さん可愛い。

    <銀魂>
    今までありそうでなかった松平のとっつぁん主役回。
    しょっぱなからカッコいいんですが、ずっとかっこいいです。
    妻帯者の哀愁までカッコいいって何このとっつぁんマジック。
    あと栗子かわいい。エヅラ子は、割とアリ。
    ナレーションがヅラってのがなんかまたいい感じだなと思った。
    前後篇かな。壮大なオチを希望。

    <エニグマ>
    新連載の明暗がハッキリ分かれましたな。面白いものが売れるって本当やったんや!
    崇藤さん(フードの人)の能力がわかる話かなと思ったらやっぱり会長だった。
    三次減算とはいったい!!!

    <トリコ>
    偽物は二代目でした。
    美少年で確定っぽい。
    実はどっちだったとしても俺得だったと言ったら・・・?

    <こちら葛飾区亀有公園前派出所>
    空気スクーター。実用化されればものすごいんだろうな。
    技術屋両さんの話は昔から結構好きでした。ここ最近は昔の作風を思い出すような話がちらほらありますね。

    <めだかボックス>
    「裏切らない」→口説かれる→「じゃあ裏切る」って流れはよく有りますが
    そこに「あれ。駄目だ 俺あいつらのこと大好きじゃん」ってオチに持ってくのは
    ありそうだけど無いパターン。
    「あいつらのことは好きだけどそれとこれとは・・・」的なのが多いからね。
    これぞ維新とか言い出すとキリないんだけど、くじらちゃんの人間らしいところが結構出てよかった。
    最終兵器的な存在が出てきたけど、そいつとめだかちゃんなのかな。

    <いぬまるだしっ>
    マサムネくんのまるだしオチが意外と俺得だということは黙っておこう。

    <保健室の死神>
    ツン姉が若干デレる話。
    ツンデレ辞典を作るハデス先生が一番可愛かったと思う。

    <PSYREN>
    着々と終わりに近づいている印象が強いですが
    なんかまた伏線みたいなのを張った感じが。

    かがり火可愛いんですけどどうしたらいいですか。



    この調子で、更新ペースを取り戻せたらいいな。
    ジャンプ感想TB:0CM:0

    週間少年ジャンプ47号感想

    2010/10/25(月) 15:13:33

    <OPトーク>
    本当にご無沙汰しておりました。
    埼玉の三郷から千葉の松戸に引っ越したはよかったのですが、
    ジャンプを早売りしてる店がない!
    松戸駅近辺、新京成線上本郷駅近辺でジャンプ早売りしてる店知ってたら誰か教えてください。
    でまぁ、仕事帰りに書く気もあんまり起きませんでした。

    え? 今? 仕事中!
    暇なんでいいかなーと思ってやった。反省している。



    <ONE PIECE>
    601話「ROMANCE DAWN for the new world-新しい世界への冒険の夜明け-」
    二年後に入って、なんだかgdgdしてる印象が強かったのですが
    たぶんこのためだったと思うんですよね。
    1話のサブタイが「ROMANCE DAWN-冒険の夜明け-」だったので
    折り返しということで、わざわざ601話になるまで待ってたのかしら。

    展開は、今までのgdgdから一気にまとめあげたという印象。
    「ハッタリだけで自分より強い者をまとめるのはとても難しい」
    という教訓を教えてくれた"三枚舌のデマロ・ブラック"(懸賞額2600万ベリー)
    我らがキャプテン・バギーがどれだけ偉大な男かを物語ってくれますね。
    戦桃丸があっさり決めてくれたのはスッとしました。
    偽麦わら海賊団に釣られたわけではなく
    "麦わらのルフィ"を追ってシャボンデイ諸島に来ていたということで株もUP
    ところで、ドゥティ以外の名前付きで紹介された賞金首は
    特にやられた描写とかありませんでしたが
    あとから何らかの形で絡むのでしょうかね?
    特にカリブー、コリブー兄弟はかなりキャラが立っていたので
    このままフェードアウトするとは思えない。

    麦わら一味の三強は、
    それぞれが量産型パシフィスタを一撃で倒せるくらいにまで成長。
    ゾロとサンジは二人で一体でしたが、ありゃ二体でもあんな感じだったと思う。
    二年も経ったのに、二人のやりとりは変わらず。というかもっと幼稚になってました。
    「海賊王に俺はなる!」最後の見開きのこれと、レイリーの涙にウルッと来てしまいました。

    <トリコ>
    メルク(偽?)女の子疑惑が浮上してきてなんかテンション上がってきた。
    髪が乱れている姿がエロかった。
    引きの時点で明らかに描き方変わってるのは笑った。

    <リボーン>
    実は10年後ランボさんは結構好きなのです。
    パッと見細身の優男なのに、
    ボンゴレGがあんなにごついっていうミスマッチもランボさんならいいよ。

    <べるぜバブ>
    アニメの男鹿の声優さんが小西さんってのはなんというかぴったりだなぁと思った。
    ベル坊のお兄ちゃんがゲーム好きってのがすごく「らしく」て微笑ましかった。
    ゲームが地球を救ったわけです。
    お付きの三人が何かやらかしそうだなーとか思ったり思わなかったり。

    <エニグマ>
    ずっとジャンプ感想というかブログ自体更新してなかったので
    言及することなかったのですが、ご結婚おめでとうございます。

    漫画自体も結構好きです。
    第二話の「タカハシさんがいらっしゃいました」の下りの不気味さでハマッてます。
    長期連載を見越した作品とは思えないので、破綻なく終わらせて欲しいなぁと思っています。

    <バクマン。>
    白鳥くんの母親説得へ、白鳥姉も参戦。
    「自分もパパも漫画読んでる」「読み切り面白かった」とかなんて姉無双。
    個人的には、ここんとこネーム酷評とか他出版社へ情報リークとかで株を下げまくってた
    森屋さんまで説得にあたったのがカッコよかった。「白鳥くんには才能がある」とか胸熱。

    "ラッコ"、"青葉"打ち切り。
    そしてスーパーリーダーズフェスタへ。
    もうこれまさに今やってるトップ・オブ・ザ・スーパーレジェンドが元ネタですね。
    というか平丸さんと蒼樹さんの間にフラグのようなものが立ちつつあって俺得。

    スーパーリーダーズフェスタに参加確定が
    平丸さん、蒼樹さん、新妻先生、新井先生、岩瀬さん(原作)。
    んー・・・これは中井さん復活フラグなのかなやっぱり。
    原作岩瀬、作画中井。アリっちゃアリ。ただ、顔が苦手とかいう設定なかったっけ中井さんは。
    それに参加する為に服部さんを説得する話でした。
    サイコーの速描きにつながりますな。
    どうせならサイコー単体の作品やって欲しかったなって気がしないでもないんですがね。

    <銀魂>
    ああ・・・面白かった。
    カニへのこだわりぱねぇっす。
    ラピュタの辺りで始業前の俺の腹筋はやばかった。
    卵一つであの威力www
    うん。美味しいもんね。カニ雑炊。俺も大好きです。
    かにみそはそんなカニ雑炊にはあわないのかね。
    かにみそ合わせたことなかったからよく知らん。

    <逢魔ヶ刻動物園>
    バトル展開入っちゃったなーとか思ってましたが、なかなかどうして面白い。
    大上のヘタレなカッコよさが出てて素敵でした。
    「痛いのも怖いのも嫌だけど 皆で戻れねぇのはもっと嫌だ」ってのはよかった。

    フカさん死んでなかった。
    仲間にはならないと思うけど、シャチにぶつけるんじゃないかなーとか思ってるんですが。

    そして加西とウワバミさん。
    加西大好きなのです。
    涙目になりながらウワバミさんを守ってる姿がもう素敵過ぎる。
    次週増ページ23ページ。
    打ち切り回避フラグ立った・・・か?

    <PSYREN>
    先週ネメシスQがでた時点で
    「アゲハたちがサイレン世界でやることはもうすべて終わったんだなぁ」
    とか思ってたんですが、そのとおりだったようで。
    ドリフトたちはゲームから解放されたという形で。
    サイレン世界を救うことができなかったわけですが
    10年後の世界ではコレが精一杯ということなのでしょうか。
    「もっと前の段階で手を打つべきだ」ってことなんだと思ってます。

    だからこその、一年後の未来へのタイムスリップ。
    転送事故みたいな感じですが、都合がいいね。
    ああ・・・PSYREN終了の足音が大きくなってきた・・・。
    最終回センターカラーなら円満・・・。最終回センターカラーなら円満・・・。



    トップ・オブ・ザ・スーパーレジェンドの作品は、
    全部そろったら全部まとめて感想書こうと思ってます。
    ・・・・・・多分!
    ジャンプ感想TB:0CM:0

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Copyright(C) 2006 クラブ・メランコリー All Rights Reserved.
    Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。